燃費も出力も向上したスーパーシビック / ホンダ シビック, 1981年式(昭和56年)

CVCCと呼ばれる低公害エンジンで人気となったシビックは、1979年に二代目になった。

触媒の技術が向上したことで、1.5㍑エンジンは、触媒を併用した排出ガス処理となり、燃費と出力が大幅に向上した。

初代の台形ボディを受け継いだハッチバックでデビューしたが、セダンやワゴンが追加されてバリエーションが広がった。