公道を走れるF1マシンを目指した / ジオット キャスピタ, 1989年式(平成元年)

服飾メーカーのワコールが設立したジオットが企画し、「童夢-零(ドームゼロ)」というレーシングカーを開発したレーシングカー製作会社の童夢が設計した。

レース用車両を、公道で走るための条件を満たして、スポーツカーにするというコンセプトだった。

スバルがF1のために開発した3・5㍑水平対向12気筒エンジンを搭載していた。