乗用車生産の基盤をつくる / ダットサン 114型, 1957年式(昭和32年)

1955年に発売されたダットサン乗用車110系は、それまでとは設計を一新。

外注だったボディを内製に切り替えるなど乗用車生産の基盤を作った。

開発時は、1日800㌔㍍以上を走破する走行破壊試験を実施し、耐久性を追求した。販売後もエンジンの騒音対策や車体の軽量化など様々な改良を続けた。

114型は最終型に近いモデル。