機敏な走りの「韋駄天ターボ」 / トヨタ スターレット 3ドアターボS, 1988年式(昭和63年)

1984年10月に登場した3代目スターレットは、駆動方式を従来のFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)に変更して室内スペースを拡大し、吸気バルブを2本にした新開発エンジンを搭載するなど一新した。写真は86年1月に追加されたターボモデルで、過給圧を切り替えて出力を2段階に選べる「2モードターボシステム」が特徴だった。