RRながら荷物も積める実用車に / スバル 360 カスタム, 1963年式(昭和38年)

リヤエンジン(RR)のスバル360は、乗用使いのイメージが強いが、荷物の運搬を想定したモデルもあった。

最初が、ほろ屋根の後ろ側を開閉し、後席部に荷物を載せられるようにしたコマーシャル。

続いて登場したカスタムでは、ボディ後方の形状を大きく変えて箱型にし、床面もフラット化して、積載容量を大幅に増やした。