ローバー最後の大ヒットとなった / ローバー 2000 4ドア・サルーン, 1971年式(昭和46年)

それまでの「95」「110」に変わって1963年に登場した2リッターのニューモデルは、従来の殻を破った画期的なものだった。

保守的な車のイメージが定着し、「ローバーおばさん」とやや皮肉を込めた愛称で呼ばれてきたが、一気に印象が変わってしまった。

63年から73年にかけて約21万台が造られ大ヒットとなった。