スカイラインにDOHCエンジンが復活 / 日産 スカイライン 2000 RS-XターボC, 1984年式(昭和59年)

1981年に登場した六代目スカイラインは6気筒のGT、4気筒のTIに続き4気筒4バルブDOHCエンジン搭載のRSが加わった。

8年ぶりの復活となったDOHCエンジンは83年にターボを搭載し、「史上最強のスカイライン」と銘打った。

この車はインタークーラーを追加したモデルで特徴的なフロント部は「鉄仮面」と呼ばれた。