航空機メ-カが造ったオート3輪だ / 三菱 みずしま TM4E, 1952年式(昭和27年)

車名は、戦時中飛行機を造っていた三菱重工業水島航空機製作所のあった倉敷市水島の地名から採った。当時の車両には、エンジン始動時のセルモータがなく、2輪車と同様にキックペダルを蹴って始動していた。この「三菱 みずしま TM4E型」も始動はキック方式で、2灯式ヘッドライトになった1955年モデルからセルモータが装備された。また、この時期からみずしまの名称がなくなり、三菱号が使われるようになった。