ボンネットを持つ2トン積みトラック / トヨタ スタウト, 1968年式(昭和43年)

今では1~2㌧積みのトラックは、ほぼエンジンの上に運転席があるキャブオーバー型になったが、1960年代にはボンネット型も各社から出されていた。

トヨタは60年7月にスタウトを一新、ダイナミックなデザインのトラックとした。

このデザインは、ほぼ踏襲され78年まで生産された。

写真はエンジンを一新し2㍑とした67年モデル。