プリンス自動車が最後に開発したグロリア / 日産 グロリア スーパーDX, 1968年式(昭和43年)

3代目グロリアはプリンス自動車が開発していたが、1966年に日産自動車と合併したことで、日産車として発売された。

縦二灯のヘッドライトなどが同時期に登場した御料車、日産プリンスロイヤルに似ていたためロイヤルルックと呼ばれた。

この車の初期型は伝説のスカイラインGTと同じプリンス製のエンジンを搭載していた。