ハート形フロントグリルを持つトラック / ダットサン トラック14T型, 1935年式(昭和10年)

戦前のダットサンは、1932年の10型乗用車から始まり、38年発売の17型まで続く。

トラックは34年の13型が最初。当時は乗用車とトラックは基本構造が同じ。

写真の14型は722ccのエンジンで15馬力を発揮した。

14型の定価はセダンが1900円、トラックが1620円。

13型と同様にハート形のフロントグリル特徴だった。