ボンネットを低く抑えてスタイリッシュに / ホンダ プレリュードSi 4WS, 1988年式(昭和63年)

搭載された機械式4WS(四輪操舵システム)は、ハンドルの切れ角が小さい時は後輪を前輪と同方向に、切れ角が大きい時は逆方向に操舵し、操縦性と小回り性を両立させた。

1989年登場の3代目プレリュードは、エンジンを18度後ろに傾けて搭載し吸排気効率を向上させ、ボンネットを低くしてスタイリッシュな外観を持たせた。