「歩く農業から乗る農業へ」を目指す / 農民車 コマツ, 1960年式(昭和35年)

1960年から62年にかけて4300台造られた。

特殊作業車を専門とするコマツがそのノウハウを生かし、農作業と街乗りの両方に使えることを狙ったものだった。

「小型特殊自動車」扱いで、定員3名だった。

エンジンは空冷単気筒で排気量は280cc、最高速度は時速14.4キロと耕運機並みでかなり遅かった。