個性的なスタイルで当時の若者を魅了 / 日産 チェリークーペX-1, 1973年式(昭和48年)

X-1はセダンにも設定された上級グレードで、1200ccエンジンにツインキャブレターを組み合わせて80馬力を発揮した高性能なスポーティモデル。

日産初のFF(前輪駆動)車としてデビューしたチェリーは当初セダンタイプだけだったが、1971年に〝プレーンバック〟と名付けた斬新なデザインを採用した2ドアクーペが追加された。