ダットサン・セダンの流れを引く大衆車 / ダットサン ブルーバード 1200 デラックス, 1961年式(昭和36年)

当初、排気量1000ccと1200ccの2モデルが用意された。

写真は61年に追加された1200ccの上級版。

ブルーバードはその後、トヨタのコロナとBC戦争と呼ばれた販売合戦を繰り広げ、大衆乗用車の市場を拡大した。

日産の代表的乗用車は長くダットサン・セダンと名付けられていたが、1959年にブルーバードという愛称になる。