全てが平凡だがなかなか良い車だ / フィアット 124 ベルリーナ, 1967年式(昭和42年)

1966年発表された小型車の名称は「124」だった。排気量を車名としていたそれまでとは別の新しい世代を示すものだ。

1197ccながら最高速度は時速140キロが可能だった。

構造的にも形態的にもすべてが平凡でありながら、性能は高い水準を維持しており、1966年「カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得している。