日本人の頭と腕で完成した純国産乗用車 / トヨペット クラウンRSD型, 1955年式(昭和30年)

海外メーカーとの提携に頼らず、純国産乗用車として自社技術によって開発されたのが、1955年1月に発売された初代クラウンである。

観音開きの扉が特徴で、乗り心地と操縦性を両立させたサスペンションを採用した。

展示車は55年末に発売された高級仕様のデラックスで、フロントガラスの1枚化や装飾の追加などが施された。