本格的ジープタイプの軽自動車 / スズキ ジムニー, 1970年式(昭和45年)

ジムニーは、もともとホープ自動車で生産・販売されていた軽四輪駆動車「ホープスター・ON型」の製造権を、スズキが引き継いで開発された。

軽自動車としては、異例の16インチホイールや副変速機を採用するなど、本家ジープ並みの本格的な設計である一方、軽自動車ならではの優れた経済性、軽い車重による走破性の高さが特徴だった。