数あるオースチンのトップモデル / オースチン A135 プリンセスMkIII リムジン, 1956年型(昭和31年)

オースチンは当時、世界でも類のない幅広い品ぞろえがあり、800CCのA 30から40、70、90と続き、3993CCの125/135まであった。この車の車名はオースチンだが、ボディは傘下のコーチビルダー・ヴァンデンプラスが手掛けた。オースチンがニッサンと提携した際、記念に日産の社長にこれと同じものを贈つたという。