期待の青い鳥、月産3千台の人気車に / ダットサン ブルーバードP311型, 1961年式(昭和36年)

ブルーバードは、メーテルリンクの童話から命名された。

1959年に小型乗用車の決定版として、日産が発売した。

輸出も念頭に1200ccのエンジンが新設計された。

市場評価は高く、日産初の月3千台の生産を達成した。

写真のP311型は、61年モデル。

ギア操作が容易なフルシンクロメッシュ式変速機を、国産車で初めて採用した。