「いつかはクラウンに」のCMが印象的 / トヨタ クラウン 7代目, 1984年式(昭和59年)

クラウンは代を追うごとに高級化、大型化を進めたが、1983年に登場した7代目は「世界最高級のプレステージサルーン」を目標に開発された。

ハードトップモデルにはクリスタルピラーと名付けられた光沢のある樹脂で覆ったリヤピラーを採用し、豪華さをアピール。

2・8㍑エンジン搭載車には、ロイヤルサルーンGが初めて設定された。