当時世界最小のディーゼル乗用車 / いすゞ ベレット 1600 スペシャル, 1974年式(昭和49年)

いすゞは中型車ベレルで独自開発の足掛かりを得た後、一クラス下の小型車ベレットを1963年、市場投入した。

タクシー需要を視野に入れたベレルに対し「フロントシート重点主義」として個人ユースを前提に開発した。

いすゞ得意のディーゼルエンジン搭載車も設けた。排気量は1.8㍑で、乗用車として世界最小と宣伝していた。