販売3年目で大改良されたてんとう虫 / スバル 360, 1960年式(昭和35年)

スバル360は1958年に販売開始された。70年5月に生産終了するまでの13年間にわたり、毎年、細かな改良が随所に施された。

販売3年目の60年後期型では、エンジン変更で出力をアップし、ギアシフトパターンを横H型から縦H型に変更。さらにフロントバンパーを二分割から一本化するなど、構的も見た目も手を加えられた。