日産のジープタイプは希少モデルだ / 日産 パトロール 4W66, 1960年式(昭和35年)

「日産パトロール」は1951年行われた警察予備隊(現自衛隊)の小型4輪駆動車の入札のため開発されたが、「トヨタ・ジープBJ」と共に「三菱ジープ」に敗れ去った。

そのため4輪駆動を必要とする「林野庁」「山間部の消防車」「警察のパトロールカー」などに売り込んだ。

56年マナーチェンジで「鉄仮面」と呼ばれる顔となった。