軽トラック初のキャブ・オーバー型 / くろがね ベビー KB360V ライトバン, 1962年式(昭和37年)

「くろがね」は当館の目玉「95式くろがね4起」を造ったメーカーだ。

「くろがねベビー」は1959年から製造され、軽自動車では初めてのキャブ・オーバー型。リアエンジンは床下に置かれた。

トラックの「キャリー」からほろ付きの「コマーシャル」、「キャンバスワゴン」、フルボディの「ライトバン」等の種類があった。