これより大きい「目玉」はありません / ジャガー 2.5リッター ドロップヘッド・クーペ, 1948年式(昭和23年)

戦前のスタイルのまま造られたこの車には、「ルーカスP100」という歴代最大のヘッドライトが付いている。

この後のモデルが「マークV」なので、便宜上「マークⅣ」とも呼ばれるが、

正式名は排気量によって「2.5/3.5リッター・ドロップヘッド・クーペ」だ。

この後「マーク10」まで続く高級サルーンはここから始まった。