走りを磨いたスペシャリティカー / トヨタ セリカ 1600GTV, 1975年式(昭和50年)

1970年に登場した初代セリカは、エンジン、変速機、外装、内装等を自由に選べる「フルチョイスシステム」が話題となった。

この中で1.6ℓDOHCエンジンはGTだけに搭載された。

追加モデルのGTVは、GTをベースにサスペンションを強化し、扁平ラジアルタイヤを装着して、スポーティな走りをアピールした。