戦前型を戦後型に見せる折衷型です / ジャガー マークV ドロップヘッド・クーペ, 1949年式(昭和24年)

ボディの造りは前のモデルと変わらず、ヘッドライトのみが小型の砲弾型となり、半分フェンダーに埋め込まれた。

この手法は1940年代後半から50年代にかけて、多くのイギリス車で用いられた。

裏打ちされた幌を持つこのタイプは米国やドイツでは「カブリオレ」、英国では「ドロップヘッド・クーペ」と呼ばれた。