本格的スポーツカーへと進化した2代目 / マツダ サバンナ RX-7, 1987年式(昭和62年)

1985年に2代目RX-7として登場。

より効率の高いインタークーラー付きターボを装着したロータリーエンジンは、排気量をアップ。

足回り、ブレーキも見直され、スポーツカーとしての魅力を増した。

マツダのロータリー車発売20周年の87年には、カブリオレも登場。

レースでは、米IMSAシリーズで史上初の単一車種通算100勝を達成した。