運転席にドアはありません くろがね KP, 1957年式(昭和32年)

くろがねが2灯になったのは1954年の2トン積みKFからで、1・5トン積みのKPにも適用された。丸ハンドルは1957年10月から採用されるが、この車はまだバー・ハンドルで、この辺りから数年で急激に進化した。このシリーズのオリジナル塗装は上下2トーンだった筈で、展示車のフロントマークの一部が欠如しているのは残念だ。