走りと燃費の良さをCMでアピール / トヨタ スターレット, 1981年式(昭和56年)

トヨタ初の大衆車パブリカの流れをくむスターレット。

1978年に登場した2代目は、軽量なハッチバックボディによる軽快な走りと燃費の良さで人気を集めた。

当時のコンパクトカーとしては珍しく、全車に前輪ディスクブレーキを装備。

CMでの「トヨタ1300」のフレーズは登場時から6年間にわたって使われ、代名詞となった。