新エンジンB18を搭載した強化モデル / ボルボ 122 S-B18 4ドアセダン, 1964年式(昭和39年)

1956年に誕生した当時の120系(アマゾン)には、4気筒で1583ccのB16A型エンジンが搭載されていた。

61年に発表された122Sになると、新設計の1780ccB18型を搭載した強化モデルが出現した。

このエンジンはボルボにとって自信作であり、その後の「PV544」「144」「142」などにも搭載された。