いすゞトラックを代表するスタイル / いすゞ TXトラック, 1951年式(昭和26年)

いすゞの型式「BX]はバス、「TX」はトラックの表示だ。「TX」の歴史は古く、いすずになる以前の1931年から使われている。

後年のものに比べるとルーバーの数が多い。前面8本、サイド4本は51年から54年までで、55年からは本数が半分になる。

展示車は普通トラックだが、このシャシーは消防自動車にも使われている。