「ハコスカ」の愛称を持つ三代目 / 日産 スカイライン 2000GT, 1972年式(昭和47年)

1968年に登場した3代目スカイラインは、“エアロダイナルック”という流体力学とレース技術を活かしたデザインを採用し、後輪を覆うリアフィンダーにはサーフィンラインと呼ばれる独特の形状を施した。

当初は1.5㍑エンジンのみだったが、2㍑六気筒のGTが加わった。

高性能タイプのGT-Rがこモデルから初めて登場した。