若者の人気を集めた「赤いXG」 / マツダ ファミリア 1500XG, 1982年式(昭和57年)

電動サンルーフを標準装備した「赤いXG」は大人気となり、ルーフキャリアにサーフボードを載せた「陸(おか)サーファー」という言葉が生まれた。

 1980年に登場した5代目ファミリアは、ボディタイプこそ、先代同様のハッチバックだったが、直線基調のデザインとFF(前輪駆動)を採用し、操縦安定性と使い勝手で若者にアピールした。