航空機を思わせるスバルの旗艦モデル / スバル アルシオーネSVX, 1991年式(平成3年)

富士重工業の旗艦車アルシオーネの2代目として1991年に発売された。

航空機を思わせる流線型で、窓の大きい外観はイタリアのデザイナー、ジウジアーロの手による。

大きなドアカセラスの中に、小さな開閉可能な窓をつける「グラスtoグラス」という二分割方式がとられた。

新開発の6気筒水平対向エンジン、4輪操舵システムなどが搭載された。