三菱を代表するラリーカーの始祖 / 三菱 ランサー 1600GSR, 1974年式(昭和49年)

ランサーは英語で「やり騎兵」の意味。

急拡大する大衆車分野に向けて、ギャランとミニカの中間車種として開発された。1.2㍑、1.4㍑、1.6㍑の3つのエンジンで12車種50タイプが用意され、1973年に発売。

写真は最も高性能でラリー車の基礎にもなった1600GSR。

海外ラリーでも活躍し、三菱の名前をとどろかせた。