スムーズな加速、「風のカペラ」と命名 / マツダ カペラ, 1970年式(昭和45年)

カペラはマツダ創立50周年にあたり、幅広い層に受け入れられるような理想のロータリーエンジン車として開発された。

ロータリー車としての初めての自動変速機搭載車もラインナップされ、その滑らかなフィーリングが評価された。

日米で「カーオブザイヤー」、「インポートカーオブザイヤー」を受賞するなど高く評価された。