10年以上生産され続けた長寿モデル / トヨタ トヨエース PK32型, 1968年式(昭和43年)

1954年に登場し、「トラックの国民車」として親しまれたトヨエースは、59年に初めて全面改良した。

従来モデルの面影を残しながらも、エンジンをシート下に配置することで3人乗りを実現。当初は1.000ccの1トン積みで、次第に排気量と積載量を拡大した。

写真は67年に登場した4眼ヘッドランプ車。71年まで生産が続いた。