高い実用性で軽自動車イメージを一新 / ホンダ ライフ, 1973年式(昭和48年)

走行性能重視の空冷エンジンから、低公害で経済性の高い水冷式エンジンに方向転換するとともに、

実用性の高い4ドアモデルも投入するなど、拡大するファミリーカー需要に応えた。

1960年代、軽自動車界を席巻したN360の後継車として投入された。「大人4人がなごやかな気分でゆったり乗れることを最優先に」が開発方針だった。