「ビートル」の後継を狙ったが失敗! / フォルクスワーゲン タイプ3 ヴァリアント, 1965年式(昭和40年)

「ビートル」と同じホイールベースで、空冷リアエンジンのレイアウトも同じだった。

室内は圧倒的に広く、使い勝手も格段に向上したはずだったが、思ったほど人気が出ず、ビートルに取って代わることはできなかった。

一つは空冷の欠点、暖房の利きの悪さとエンジンの騒音。

もう一つは、利用度の高い4ドアがなかったからとも言われる。