ナナハンクラス首位を再奪還した高性車 / ホンダ CB750F, 1980年式(昭和55年)

1969年発売のCB750FOURで、ナナハンブームを巻き起こしたホンダだが、カワサキ750RS などのライバルが登場し、苦戦を強いられた。

10年後の1979年、より高性能な空冷4気筒DOHCエンジンを搭載したCB750Fを市場に投入し、国内外で高い人気を得たホンダは、再びナナハンクラスで首位を奪還した。