Eタイプに変わる新しいグランツリスモ / ジャガー XJ-Sクーペ, 1977年式(昭和52年)

「XK120」から始まり、「C,D,Eタイプ」と続いたスポーツカーの系譜は、「Eタイプ」の製造中止をもって終了した。

後継車のこの「XJ-S」は、高性能ではあっても純スポーツカーではない。

名前からも分かるように「XJサルーン」のシャシーを2590ミリにし、Eタイプと同じV12気筒エンジンを組み合わせたグランツリスモだ。