キャブオーバーに変わった軽商用車 / 三菱 ミニキャブ, 1967年式(昭和42年)

三菱初の軽商用車はボンネット型の三菱360だが、1966年発売のミニキャブトラックは、シート下にエンジンを配置するキャブオーバー型に変わった。

荷台は低床式で、当初は一方開きだったが、三方開きタイプも追加した。

エンジンはミニカなどの空冷タイプを改良して搭載した。68年にはバンタイプも追加した。