大型車との隙間を埋めた小型車 / BMW 700 クーペ, 1959年式(昭和34年)

「700」が誕生した1959年のBMWのラインアップは、「501」(2580cc)、「502」「503」(3168cc)と「イセッタ」(297cc)のみと言う極端な品揃えだった。

一番売れる小型、中型車が全く存在しなかった。

BMWに中型車「1500」が登場したのは1961年のことだ。ボディはミケロッティのデザインだ。