戦前最後のダットサン乗用車 / ダットサン セダン17型, 1938年式(昭和13年)

ダットサンの名を冠した乗用車は、戦前は1932年発売の10型から始まり、38年3月発売の17型まで続く。

同年5月には35年に稼働した横浜工場が2万台目をオフラインしたが、日本は戦時色が強まる。

燃料や鉄などを軍需に振り向ける統制経済が進む中、監督官庁は乗用車の生産制限を指令し、同年末には事実上の生産中止となった。