豪州車の大型ボディに日本のエンジン / マツダ ロードぺーサー, 1975年式(昭和50年)

マツダがVIP用高級車として開発し、1975年に発売したのがロードぺーサー。

オーストラリアのGMホールデンの大型乗用車の車体に、マツダのロータリーエンジンを組み合わせるというユニークな成り立ちだった。

両国とも右ハンドルのため製造するには都合がよく、コストダウンもはかれたが、1世代限りで生産終了となった。