型破りの超大型最高級VIPカー / 日産 プレジデント, 1965年式(昭和40年)

日産初の大型車である初代セドリックスペシャルの後継として登場したVIP向けの大型サイズ最高級車。

外観デザインは当初、二代目セドリックとして計画されていたものが転用された。

搭載されたエンジンは排気量4㍑のV型八気筒と、当時の国産車の常識を超えるもので、最高出力は180馬力、最高速度は時速185キロを誇った。