高速道路時代に対応、出力を向上 / 三菱 コルト1500 輸出仕様, 1965年式(昭和40年)

名神高速が開通し、高出力車の需要が増えてくる中でコルトシリーズの充実を図るため、1965年に投入された。コルト1000の基本スタイリングは継承し、排気量を拡大、4灯式ヘッドライトなどを採用した。

最高出力は51馬力から70馬力にパワーアップし、最高速も時速140キロとなった。

写真は輸出仕様で、左ハンドル。