ボンネット型からキャブオーバー型へ進化 / ダイハツ ハイゼットキャブ, 1965年式(昭和40年)

ハイゼットは、ダイハツの軽商用車の愛称。1960年登場の初代は、ボンネットタイプだったが、写真の2代目からエンジンを運転席シート下に配置するキャブオーバータイプになった。

写真のトラックの他、バンタイプもあり多様な少量・短距離輸送ニーズに活躍した。

72年発売の4代目から、軽で初めてのスライド式ドアが採用された。